散水試験は雨漏れの原因究明の効果あります。

 

散水試験は雨漏れの原因究明

散水試験の様子です このように、雨漏れを再現することにより、雨漏れの原因の究明することが可能になります。

散水試験は外壁の劣化や雨漏れの原因を究明

この何年か毎年恒例のように、台風や大雨の時期が来ます。以前はこんなにひどくはなかったのに、ここ数年の台風やゲリラ豪雨は避けられないようになりました。雨漏れの原因を解決しないで、「外壁塗装を行っても解決できないのではないのでしょうか?」「何度補修しても、雨漏れは止まらない。」という方は、珍しくはありません。

  • 風向きによる雨漏れや、大雨になると雨が漏れてくる。
  • コーキンギ材の劣化(がはがれや亀裂)が起きている。
  • タイルがはがれていたり、亀裂が起こっている。
  • 強い雨降りが、2~3日続くと、雨漏れが起こりだす。
  • 何度、補修しても雨漏れの原因がわからない。
  • 外壁塗装を10年以上、放置している。

これらは、「外壁塗装の劣化+外装の補修とセットで検討する必要があります。」

比較的雨漏れが起こりやすい、住宅の部位

 

  • アルミサッシ・・・設置不良及びアルミサッシ廻りの劣化による漏水
  • 天窓サッシ・・・アルミ枠のコーキング、パッキンの老朽化による雨漏れ。破風・寄棟の雨仕舞:軒裏に雨漏れの形がついている
  • 破風・寄棟の雨仕舞・・・軒裏に雨漏れの形がついている
  • 化粧額・・・窯業系サイディングの継ぎ目からの雨漏れベランダ防水の劣化による雨漏れ
  • 樋廻り・・・破風の収まりおよび板金処理大雨の対策がなく漏水
  • 笠木・・・下地処理及び防水シートの施工不良による雨漏れ
  • コーキング・・・ライマー(接着剤)施工飛ばしによる亀裂、およびコーキングの硬化不良(固まっていない)
  • 外壁モルタル・・・左官処理及び大工造作の施工不良の亀裂
  • 外壁サイディング・・・目地コーキングおよび板金処理の施工不良亀裂
  • 防水・・・水切り・笠木板金工事及び手摺等エクステリア工事の不備による慢性の雨漏れ

等々があげられます。

具体的に画像で説明

 

 

散水試験の準備事項

  • 雨水の侵入経路を探す(事前の予測を立てる)
  • 複合の雨漏れに注意を行う(図面からも予測の検討を行う)
  • 同様の場合の、雨漏れの現場を確認する。

散水試験の目的(雨漏れの原因の特定)

簡単なような試験ですが、散水試験(散水テスト)は外壁の劣化や、屋上防水の劣化による、雨漏れの再現できる、効果的な方法と言えます。

散水試験の方法について-1

効果的に調査を行うために、事前に調査の進行を決めます。 その後散水ホースにより、散水を行います。実際に雨漏れが起こる状況まで、散水試験を行います。

  • 実際雨水の侵入が疑われる箇所
  • 足場の上からベランダやタイル面
  • 外壁(窯業系サイディング)の亀裂・コーキングの劣化
  • 外壁(モルタル壁)の亀裂・チョーキングが起こっている外壁等々

散水試験を行います、そして疑似的に雨漏りを再現する方法です。 実際に散水テストを行うことで、雨漏れの箇所の確認が可能になります。

散水試験の方法について-2

実際の雨漏れの原因確認には、散水試験は単純な工法ですが効果的な試験の一つです。 上記の写真のような、方向の雨降りしか雨漏れが、起こらない場合があります。このような状況には、散水試験が効果があります。

散水試験のメリット

  • 雨漏れの原因をの究明するには、単純ですが効果的な方法です。
  • 不必要な工事を行わなくて済みます。
  • 雨漏れの原因が再現できますので、補修工事の要点が絞れます。
  • 雨漏れの修復方法が、簡潔になります。

具体的な散水試験方法の手順について

ヒアリングを行います

  • 雨漏れが起きたか所の、日(曜日)や時(時間)
  • 雨の降った量と数日なのか、雨量の多い時だけかの確認
  • 風向き
  • 雨漏れの様子・状況写真

  雨漏れの状況の確認の例

■ 台風による、雨漏れの様子(雨漏れの画像)

実際の雨漏れの状況の様子から、散水試験の手順を確認します。 外観や室内の調査(室内) 雨漏れの様子から、通常の雨降りでは「雨漏れが起こらない」という状況が分かります。

■ 台風の後の待合室の様子(雨漏れ後の診察室の様子)

室内の雨漏れの調査の様子 雨漏れの状況の調査の依頼より、雨漏れの位置関係の調査を行います。 雨漏れ調査の時点では、雨漏れ跡(ビニールクロスの捲れている)がなくなっている場合が多く、雨漏れの状況再現を行うため散水試験による雨漏れの状態の再現を行います。

■ 台風の後の外観の調査(外周調査)

外部の雨漏れの調査の様子 雨漏れの状況調査は、1か所と決めて調査を行う場合と複合(数か所)の雨漏れの恐れがあるものがあります。雨漏れの位置関係の調査を行います。  (外周調査)  

■ 図面等より、散水試験の確認

図面等の調査資料より、散水試験の手順を確認します。 実際の雨漏れの状況と図面との確認の上、散水試験を行います

■ 散水試験の様子(屋外)

実際散水試験によるの雨漏れの現場写真と雨漏れ図面の位置の確認の様子 散水試験の様子(室内) このように、仮設足場から散水試験を行います。

■ 散水試験の様子(雨漏れ再現の様子)

室内の雨漏れの再現を行います。


    お見積もり依頼ご来店相談の予約外壁・屋根の診断雨漏り修理の診断ご質問・ご相談その他

    (※)可能な限り早くお返事をするように心がけておりますが、少人数体制でコストダウンを図っておりますため、繁忙期などお返事・調査が遅れる場合がございますのでご了承ください。
    フリーダイヤル電話